藍rish 名古屋市伏見駅から徒歩2分、藍rish御園座店が京都御所南にもオープンしました。世界初、漆や螺鈿七宝などを爪に施す伝統工芸ネイルサロンです。

2016年の終わりに

皆様こんばんは。

もう2017年まで、残り数分程です。

 

今年は「キッカケ」の1年でした。

ホップステップジャンプの、まさに「ホップ」の段階。

跳び箱を飛ぶためのジャンプ台に乗る前の、スタートを切って走り出したところ。

そんな1年でした。

 

 

ネイルサロン藍rish

 

 

2015年4月、藍rishをオープンして

1年半と少し。

オープン当初は「お客様の予約が入るといいな」って気持ちと

「自分らしい作品作りを確立しなければ」という想いで

焦ったりつまずいたり泣いたりの日々を送っていましたが、

2年目を迎えた今年。

暖かく受け入れて下さるお客様たちに恵まれ、

伝統工芸ネイルというプロジェクトがあれよあれよという間に確立され

何もかもがトントンと前へ進む、そんな奇跡のような1年でした。

「奇跡」という言葉は適切ではないのかもしれませんね。

支えてくれる仲間が出来て、尊敬していますと言ってくださるネイリストさんたちに出会えて、

その技術を学びたいと思って下さっている、海の向こうのネイリストさんたちにも会いに行くことができて。

 

自分一人でやっている気になってしまってはいけない。

常に誰かが支えていてくれるから、手招きしてくれているから前に進んでいけるのだということ。

絶対に忘れちゃいけないこと。

 

結局一人で成し遂げられる事など一つもなく、

誰かと誰かの、人と人との繋がりの中で

初めて生まれる「奇跡」みたいな今が、

当然のようにあることを決して当然だと思ってはいけないのだと。

深く深く感謝を申し上げます。

 

藍rishと、そして私と出逢って下さった全ての方へ。

今年も1年間、本当にお世話になりました。

有難うございました。

 

 

ネイルサロン藍rish

 

 

来年のテーマ、漢字一文字は「躍」

 

年越しは家族の恒例行事として実家で過ごす決まりなので、

31日に実家へ戻れるよう、30日は親友に手伝ってもらってのサロンの大掃除でした。

床も窓ガラスも水拭きして磨き上げて。

最後はサロンの施述部屋で手を合わせて感謝の気持ちを心の中でお伝えしてきました。

 

2017年は飛躍的な、躍進の1年になりますように。

そんな願いも込めて。

 

自分の今向かっている先が

誰に恥じることもなく、自分自身を認めてあげられるような未来で在るように。

常に未来のビジョンは組み立てているつもりでも、

何が起こるのか、先のことは何一つわからない。

だから、楽しい。

苦しいことも辛いこともまとめて全部「終わりよければ全てよし」に変えてやろうと思います。

図太く図々しく、人生を楽しんで生き抜いてやろうと。

1年前の自分と比較すると、えらく逞しくなったものだなと思います。

 

ちょっぴり自分を褒めてあげつつも、

自分自信からのお叱りも沢山受けて、

まずはこの1年間を無事に終えられることに感謝したいと思います。

 

ネイルサロン藍rish

 

 

反省も後悔も、振り返るのは今日でお終い。

明日からはまた前だけを見て歩んでいきたいと思います。

 

と、書いている間に年が明けてしまいました!笑

また2018年のご挨拶も綴らせて頂きます。

皆様にとって素晴らしい1年になりますように、

心からお祈りしています(*^^*)

これからもどうぞよろしくお願い致します。

 

ネイルサロン藍rish 山田愛理