名古屋市伏見駅から徒歩2分。世界初、漆や螺鈿七宝などを爪に施す伝統工芸ネイルサロンです。
BLOG
2019.04.21

4周年を迎えて

, ,

来週はゴールデンウィークですね。

ついこの間年が明けたばかりな気がするのに。

本当に早いです。

 

そんなことを毎日のようにお客様と会話をしながら、

気づけば今日4月21日で、藍rishは4周年を迎えました。

 

4周年か、本当に早い。

 

 

 

 

今日の私は一味違いますよ。

いつもなら振り返って振り返って振り返りすぎてフクロウのように首がぐるんぐるんするのですが(しない)

今日は振り返らないと決めていました。

だってもう出産したその日から、私は振り返りっぱなしだったから。

今日は振り返らないのです。

 

 

 

 

ねぇ、振り返らないなんてかっこつけながら

移転前の過去のサロン写真を大量に拾い集めているのは誰ですか?

えぇ、私です。∧( ‘Θ’ )∧

 

今日はずっと、初心を思い出していました。

 

藍rishをオープンした日、オープンしてすぐの頃のこと。

あの時の私は、とても恐れていた。こわかった、不安だった。

 

「ちゃんとお客様はきてくれるかな」

 

「私の作品を認めてくれる人はいるのかな」

 

「万人受けしない作品だけど大丈夫かな」

 

「本当に私の作品を愛してくれるお客様はいるのかな」

 

「どうしたらお客様に喜んでもらえるかな」

 

「どうしたら誰よりも感動を与えられるネイリストになれるかな」

 

「私がネイリストとしてできることはなんだろう?」

 

「私には何を成し遂げられるだろう」

 

 

毎日毎日、

筆をとった。

学びに行った。

闘争心を燃やした。

負けたくなかった。

目標となる人がいた。

認めてもらいたかった。

全ての過去を肯定したかった。

 

 

 

 

広告を一切出さない。

作品ひとつで集客してやる。

世間知らずなくせに意地だけは一丁前だった。

 

今だから言えることですが、

広告も出さない路面店でもないマンションの一室でひっそりと営業しているネイルサロン。

そう簡単にはうまくはいきませんでした。

お客様の予約がしっかり埋まるようになるまで、

オープンから1年半もかかりました。

 

 

 

 

お客様のご紹介が100%の集客。

それ以外は何もない。

非常に効率の悪いやり方でしたが、

だけど確実に、お客様との信頼関係を築いていくことができました。

 

 

 

 

4年間、全作品に

私の人生の全てを注いできました。

オープン当初から変わらない作品への想い。

 

「最後に施術したネイルが過去最高傑作」

 

これは今もずっと大事にしていること。

たとえ私が今日死んだとしても、最後の作品が最高の作品だったと天国で胸を張って言えるように。

 

 

 

 

あの頃の私と今の私は確実に違う。

立場も責任も、あの頃とは非にならないほど重く、

それが自分の仕事に大きな影響を与えていることは否定できません。

 

だけど、作品を愛する気持ちは1ミリも変わりません。

私は描くことが大好きで、この仕事は本当に天職だと思っています。

それはオープンしてからのことだけでなく、3歳の頃から変わらない。

私は描くことが大好きで、伝えることが大好きで、

それをさらけ出して、生きて行く。

 

 

 

 

これまでどこにも書かずに、自分の中に閉じ込めてきた想いがあります。

今、ここに綴っても良いですか?

 

 

 

 

 

 

あなたに出会えてよかったです。

 

私がネイリストになって、

あなたの作品を初めて知った時

頭の奥で稲妻が光ったような衝撃を受けました。

なんて素晴らしい作品を描く人なんだと。

大急ぎで会いにいきました。

藍rishをオープンする1週間前のことでした。

作品はもちろん、

作品に向ける愛情も、人柄も、

その全てに強く憧れを抱き、

あなたを越えたいと思いました。

初めてお会いしたあの日、

「これまではファンでしたが、目標になりました」

と生意気を言う私に

「ありがとう」

と言ってくれました。

今も私の作品には

あなたから教わったことがたくさん詰まっています。

あなたを越えるという目標は、

あなたがこの世を去り

宙ぶらりんになってしまいました。

だけど私は今、私の技法で、私の作品で、

誰かに何かを伝えたいと、必死に頑張っています。

かわいい娘も生まれました。

彼女に恥じない生き方ができるように

しっかりと自分の道を歩んでいきます。

どうか見守っていてください。

本当にありがとうございました。

 

 

 

 

この場を借りて、

なかなか昇華させられずにずっと胸の中にあった想いを

綴らせていただきました。

ようやく気持ちに整理がつきました。

気づけばこういうことを、どこにも出せなくなっていました。

今日だけ、自分を許してあげることにしました。

 

 

 

 

結局、がっっっつり振り返ったよね、って記事でした。笑

点と点は全て繋がっていて、

今に続いていたのだということ。

紆余曲折、波風立たぬ時はないと言うほど山あり谷ありの4年間でしたが、

また明日からもジェットコースターのような道のりを歩んでいきます。

結果全て「ありがとう」に繋がっている。

難がたくさん有るから「有難う」なのです。

それを知っているから、もう大丈夫。

 

4年前の今日、抱いていた恐れはもうありません。

4年後の今日が、今からとても楽しみです。

 

いつもに増して長い長いブログを、最後までお読みいただきありがとうございました(*^^*)


名古屋市伏見駅から徒歩2分。世界初、漆や螺鈿七宝などを爪に施す伝統工芸ネイルサロンです。