藍rish 名古屋市伏見駅から徒歩2分、藍rish御園座店が京都御所南にもオープンしました。世界初、漆や螺鈿七宝などを爪に施す伝統工芸ネイルサロンです。

3/6 広島セミナー

初の国内セミナーーー!!!

ドキドキドキドキドキ( ;´Д`)

こんな図太くてふてぶてしい私ですが実はめちゃくちゃチキンで硝子のハートの持ち主です。

「日本でセミナーするの怖いーー!!」って駄々こねてたのですが

意を決して行ってきました。

 

 

 

 

↑ご受講くださった生徒のみなさん、スマホケース赤率高いーー!!笑

 

「行ってみたらなんてことない」発動。

生徒の皆さんもアカデミーのスタッフさんも気さくで優しくて、安心して進めていくことができました。

私は生まれも育ちも愛知県民なので地元LOVEなのですが、名古屋ってこう人と人との距離が少し離れているというか、なんかそんな県民性ってあると思うんですけど、

それゆえに日本でのセミナー怖い!って先入観があったのかもしれないけれど、

広島の人たちってこんなに優しいのかー!!( ;  ; )ってくらい皆さん本当に暖かく迎え入れて下さって。

 

伝統工芸に対する想い、今のネイル業界に対する本音、

「アート」そのものの施述工程をお伝えすることは当然なのだけど、

それ以上に伝えたいものはもっと別のところにあって。

それを私の理想を上回って皆さんしっかり吸収して下さっているのが、頷く姿勢や積極的な質問内容からも伺うことができて本当に幸せでした。

 

 

 

↑そしてこの安堵の表情である。笑

 

私は一部分に対してはオタク気質を最大限に発揮してのめり込むのだけど、

興味のないものにはとことん集中力を向けられないタイプ。

こんなこと言ってしまってはネイリスト失格なのかもしれないけれど、

今の流行りとかトレンドとかそういったものに全く興味を持てなくて。

一時的な通過儀礼の大量生産される製品よりも、

いつ見返しても「はあ、綺麗」ってため息が出るような作品に心惹かれます。

だから、アカデミーさんには許可をいただいて

サロンで使っている道具を全て持参させて頂きました。

使用しているメーカーはバラバラ。

私が「好き」なものしか使わない。

ジェルカラーもことごとく様々なメーカーのものを使用させて頂きました。

そのジェルでしか表現できない「理由」の説明もしっかりと添えて。

ご希望の生徒さんには私物のジェルをお貸出しさせて頂いて、

実践へと移って頂きました。

 

 

 

言葉が通じてるって素晴らしい!

私は普段海外でのセミナー活動が多く、

その都度通訳さんを通して生徒さんたちにお伝えしてきましたが、

「私の拙い言葉をダイレクトに伝えるより、通訳さんにお任せしちゃった方が気が楽でいいや!」

という甘ったれた考えもちょっぴりあったりしたりもするのですが(最低)

実際自分の言葉でしっかりとお伝えできる安心感というのは、国内セミナーならではの良さだったのではないかなと思います。

単純に通訳に要する時間分も、些細なことから大切にしていることまで全て。

全部全部お伝えできたのではないかなと思います。

 

 

 

 

そんな充実した広島でのセミナー。

今回は漆ネイルと螺鈿ネイルをメインにお伝えさせて頂きましたが、

時間が足らないーー!

かと言ってデモだけでは実際のサロンワークには取り入れにくく、「習って満足」で終わってしまうのも勿体ないので

実技の時間は必須だと考えています。

ということで第二弾は5月開催予定です(*^^*)

また定期的にお邪魔させて頂きたいと思います。

伝統工芸ネイルのバリエーションも増やしていきたいと思っているので、常に最新を更新していくように習得していただけたら幸いです(*^^*)

広島のアカデミーの皆さん、そしてご受講くださった生徒の皆様方、本当にありがとうございました♡